TAMRON 77D

ごめんなさい、後玉清掃したらすっきり画質になりました、前玉が綺麗だから油断してた。

画像
TAMRON 77D 28-80mm 3.5-5.6 80mm f8 1/4 ISO100

画像
TAMRON 77D 28-80mm 3.5-5.6 28mm f8 1/10 ISO100

でもやっぱりほんわかだと思う。

ケーブルスイッチ

ケーブルスイッチFを持っているので、2.5mmミニミニプラグを取り付ける。
画像
ミニミニプラグはケーブル付きタイプを買えばよかった、細すぎてハンダ付けが難しい、ジャンクのケーブルと基盤コネクターで変換プラグ化。

ケーブルが切れた時用のメモ、スイッチのコネクターはPENTAXの文字を上にして左がC中央が全押し、右が半押し、ミニミニプラグは先端が全押し、中央が半押し、根元がCなので交差している。

28mm

28mmは前後のカビ取りだけで分解無し。

画像
ASAHI SMC PENTAX-M 28mm 1:2.8、f8、0.4s、ISO100。
周辺解像度劣悪レンズとして有名ですけど、中心は解像するのでサンプル撮りに使うには問題ないかな?

画像
YASHICA AUTO YASHINON DS-M 28mm 1:2.8、f8、0.4s、ISO100。
M42アダプターを介して使用。

画像
TAMRON 77D 28-80mm 1:3.5-1:5.6、28mm、f8、0.4s、ISO100。
画像
TAMRON 77D 28-80mm 1:3.5-1:5.6、28mm、f22、2s、ISO100。
最短撮影距離70cmなのでピントが合わない、f22まで絞ってみたけど画質はほんわか。

後日清掃すると画質は向上しました。

画像
smc PENTAX-DAL 18-55mm 1:3.5-1:5.6 AL WR、28mm、f8、0.4s、ISO100。
すごく解像します、簡易版キットレンズといえども光学系はDAレンズと同じらしいですね、28mm単を使う必要は無いかな?

引き続きカビレンズ

M42レンズ、ペンタックス純正M42アダプター、K-50ボディ、デスクライト1灯の簡易照明です。
変化にとぼしい画像が続きます。

画像
画像
画像
YASHICA AUTO YASHINON DS-M 28mm 1:2.8、f2.8で撮影。

画像
画像
YASHICA AUTO YASHINON DS-M 28mm 1:2.8、f5.6で撮影。

画像
画像
画像
YASHICA AUTO YASHINON DS 50mm 1:1.7、f1.7で撮影。

画像
画像
画像
YASHICA AUTO YASHINON DS 50mm 1:1.7、f5.6で撮影、28mmはマルチコートみたいだけど、こちらはマルチコート無し?マニュアルスイッチも無いので絞りピンをテープで押さえて使用。

画像
画像
画像
Asahi Super-Takumar 55mm 1:1.8、f1.8で撮影。

画像
画像
画像
Asahi Super-Takumar 55mm 1:1.8、f5.6で撮影。

画像
画像
Asahi Super-Multi-Coated-TAKUMAR 135mm 1:3.5、f3.5で撮影。

画像
画像
Asahi Super-Multi-Coated-TAKUMAR 135mm 1:3.5、f5.6で撮影。最短撮影距離1.5メートルなのでフィギュアには使えないかな。

最後にキットレンズで。
画像
画像
画像
画像
画像
smc PENTAX-DAL 18-55mm 1:3.5-5.6 AL WR、55mmf5.6で撮影、かなり寄れるし照明をきちんとやればこれ一本でいいかも。

さて、レンズ分解してカビ取りしましょうか。

K-50

PENTAX K-50を購入したので試撮り。

画像
画像
DAL 18-55mmF3.5-5.8AL WR、特に設定せずにオートで撮影、プラバヨネットのキットレンズでもすごく解像するんですね。

画像
画像
TAMRON AF 28-80mm F3.5-5.6 Aspherical(77D)80mm端、95年から98年に販売されたものらしいですが、オートで問題なく作動しました、ふんわりした描画。

画像
画像
SMC PENTAX-M 1:1.4 50mm、マニュアルモードで撮影、グリーンボタンはマジ便利。上はf5.6下はf16、ISO6200でも綺麗ですね。
画像
開放f1.4だとこうなってしまう。

画像
画像
SMC PENTAX-M 1:2.8 28mm、f8で撮影。
画像
画像
こちらはf2.8。

画像
今月K-70が発売されるというのに今更なK-50でした、単三乾電池デジイチはこれが最後っぽい?