テーマ:裁縫

犬用靴試作2

かかとを90度にしてみました、つま先を別パーツにした方が良いかも。 試作ばかりで完成しないので、とりあえずミトン状の物を作って履かせたけど、もうこれでいいんじゃね?表裏間違えて靴底縫いつけたけど。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬用靴試作

うちの犬がもうおじいちゃんで、肉球の皮が薄くなってアスファルトの上を散歩すると血が滲んでしまいます。 まだまだ元気で散歩好きなので、犬用靴を自作して履かせることにします。 使用ミシンはドラゴン、靴の皮を縫うには押え圧が足らない。 試着してもらうと、つま先が詰まっていて、靴底が固い、つま先は縫い方の問題、靴底は中底の厚紙を抜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オビツ50プリーツスカート2

前回はヒダを斜めに折ったので、ベルト付けが非常に難しかったです。今回は平行に折ってみました。 ヒダ1cm陰ヒダ1cm+1cmの18本ヒダです。要尺は前回と同じ幅55cm(54cm+縫い代0.5cm+0.5cm)ですが、高さは8cmスカート丈6cmです。 使用ミシンはHA2-B126、押さえが細いし針穴に布が落ちにくいので、細部が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オビツ50用プリーツスカートの作り方

型紙や数値を控えていた紙を捨ててしまったので、今まで作ってきた物は二度と縫えなくなってしまっています。ですので自分用のメモとして今回はここに上げておきます。 スカート丈8cm、ヒダの数12本、ヒダの幅上部2cm下部2.5cm、陰ヒダ上部1.5cm下部1cm+1cmです。 布は縦11.5cm、幅55cm縫い代込みです、縫い代は上1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧正月も間近ですが

新年一回目。 ワンフェス2011冬開催おめでとうございます。 今までに作ったのは50素体改修と、オビツ50用プリーツスカートです。 50素体の肩関節をオビツ互換にしたら、肩がごつく見えたので、球体関節が半分露出するまで肩甲骨を削り込んで肩を薄くしました。 その為崩れたバランスを修正。胸の上で切って5ミリ前に出し、腰を切っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

50用襦袢

襦袢の特徴は、対丈、袂を縫わない、袂に丸みが無い、無双袖、おくみの部分が立襟(狭い)、半襟を取り付ける、という所かな、ドール用には無双袖と半襟だけでも問題無さそうです。 ミニ丈なのは端切れの要尺が足りなくなった為です。 ミニ丈着物のキャラって雪子ちゃんだよなーと思って調べてみると、来年リメイク放映されるみたいです。 http:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

50用着物

着物の構造が分からなかったので、風呂敷布でオビツ50用浴衣を作ってみました。 首がテカってるのは、色移り防止用に木工用接着剤を塗っている為です。 合褄位置が高すぎたけど、おおむね良い感じですね、襟と袖の長さを修正すればこれで良さそうです。 次は襦袢と袷の長着に挑戦してみよう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛇の目

某Yオクで手に入れたジャノメのメモリア5002です、送料込みで2.3k。 手縫いでやってきたけど、そろそろミシンを導入するかと思い購入。 30年前の製品ですけどすごくカッコいいミシンですなー、筐体の白い部分のほとんどがアルミダイカスト製ですよ、現在の家庭用ミシンじゃ考えられないぐらいコストかけまくってる。 釜を清掃して各部に注…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワンピースとノーメイク

下地処理済のノーメイクヘッドを出品してみました。 http://auction.item.rakuten.co.jp/10230646/a/10000016 2.5kです、ガレキ製作が苦手な方へ。 引き続きキット版も出品中です。 http://auction.item.rakuten.co.jp/10230646/a/100…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ドレメ式

型紙原型から作ったワンピースの仮縫い、アイロンぐらいかけろっての。 これから首回りを補正して図面清書です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

jww

フリーのCADソフト、jwwを導入。 製図のやり方は多分間違っている。 この型紙で縫った物。 白い糸を使うと言う知恵が付きました。 右袖の付け方に失敗して左側に引きつっています。 エリは一枚布の端を折って使用、見返しは取り付けていません。 今までより布2枚、重なりで4枚減ったので首周りがスカスカ、一枚エリなら見返しを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

比較

比較用に購入したカスフィーさんと某22cm素体に試着してもらいました。 肩周りに余裕がありませんが着れます。 どちらもがっしりとした肩なので、うちの素体のようにテロテロな着こなしは無理そうです。 カスフィー手とうちの素体手比較。 上がユモヤ手、下がカスフィー手、ほぼ同じ大きさです。 カスタマ頭部をうちの素体に移植。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カフス

縫い目が相変わらずヒドイです、ミシンを導入した方がよいのだろうか。 普通のカフスと、右袖のように上部の切れたカフスを試してみる。 普通だと布の重なりが6枚、切れたのだと12枚・・・普通の方にしときます。 人間用に準じたセーラーカラーの付け方なので、首周りが厚くなってしまう、見返しは省いた方がよいかもしれない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イメージ図

衣装はこんな感じでしょうか。 服飾デザイナーっぽく描いたほうが面白かったかも。 次回素体はこんな感じで作りたいなと。 おなかぽっこり。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

袖 スカート

スカートはボックスプリーツで作ろうと思っているので、原型から作ります。 ヒップサズからウエストサイズの差を引いてダーツを足しただけです、計算だけでぴったりでした。 袖は半袖のシャツスリーブとします。 上 製図せずに筒を縫いつけただけ。 考えが甘かったようです。 中 アームホールの大きさが足りない。 下 右…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セーラーカラー

技術とは積み重ねる物です、前回の失敗を洗いなおして次につなげて行くのです。 で、先日の服の問題点はテロテロの布を使っていたことです、裁断や縫うときにズレるのです。 解決方法は簡単、糊づけすればよいのです、パリパリで紙の様に加工が楽になります。 型紙は、中央部分の幅を6mm広げただけ。 縫い目は相変わらずですが、形はよさげじゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お針子

先日の原型型紙を元に、セーラー服型紙を作って、セーラーカラーの試作品を作ってみる。 布は古シーツのハギレ、手元にあった針と黒い糸で半返し縫。 セーラーカラーの取り付け方は人間用に準じてます。 結果、失敗。 縫い目とか以前に型紙から駄目だった模様。 第一回試作品なんてこんな物です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

型紙

まず原型型紙を作ります。 素体のアウトラインを写し取って、大まかに前身ごろを書く。 後身ごろは、前身ごろを写して襟ぐりを浅くする。 紙を瞬間接着剤で組み立てて、着せてみる。 サイドのラインが前過ぎるので、中央に線を引く。 切り抜いて原型に写す。 裾が短いので伸ばす。 以下、着せて修正の繰り返しで原型完成。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more